コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冨田渓仙 とみた けいせん

美術人名辞典の解説

冨田渓仙

日本画家。福岡県生。名は鎮五郎。都路華香に四条派を学び、のち富岡鉄斎に指導を受ける。また仙厓義梵傾倒し、奈良・平安朝の仏画を研究、人物・風景・仏画を数々発表。日本美術院同人として活躍する。昭和11年(1936)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冨田渓仙 とみた-けいせん

1879-1936 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治12年12月9日生まれ。狩野派,四条派をまなび,のち仙厓義梵(せんがい-ぎぼん),富岡鉄斎に傾倒。横山大観にみとめられ,大正4年日本美術院同人。昭和10年帝国美術院会員。昭和11年7月6日死去。58歳。福岡県出身。本名は鎮五郎(しげごろう)。字(あざな)は隆鎮。別号に雪仙,渓山人など。作品に「御室の桜」「伝書鳩」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冨田渓仙
とみたけいせん
(1879―1936)

日本画家。本名は鎮五郎(しげごろう)。福岡に生まれる。12歳のころ狩野(かのう)派の画家衣笠探谷(きぬがさたんこく)に学び、1896年(明治29)京都に出て、四条派の都路華香(つじかこう)(1870―1931)の門に入る。修業時代は南画に傾倒し、富岡鉄斎(とみおかてっさい)に私淑、また平安の仏画にも学んでいる。1912年(大正1)第6回文展に出品した『鵜船(うぶね)』で横山大観に認められ、再興美術院結成(1914)とともに院展に出品するようになり、翌年の『宇治川の巻』で同人となって、以後院展を中心に活躍し、『南泉斬猫(ざんびょう)・狗子仏性(くしぶっしょう)』『嵯峨(さが)八景』などを発表。晩年には『御室(おむろ)の桜』『伝書鳩(でんしょばと)』など独得の詩趣ある清新な画風を展開した。駐日フランス大使であった詩人のクローデルや俳人河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)との交遊も知られている。35年(昭和10)帝国美術院改組に伴い会員になるが、翌年の再改組を不満として辞任した。ほかに『雷神風神』『万葉春秋』などの作例がある。[星野 鈴]
『弦田平八郎解説『現代日本絵巻全集7 冨田渓仙・今村紫紅』(1982・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

冨田渓仙の関連キーワード今村紫紅池田遥邨明治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冨田渓仙の関連情報