コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍石 とうせき steatite

3件 の用語解説(凍石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凍石
とうせき
steatite

滑石の一種で俗名石鹸石 soap stone。凍ったような青緑色の色彩をもつ軟らかい美玉。ステアタイト磁器の原料や紙,織物の目地の充填剤に使用する。メソポタミアの円筒形印章,エジプトスカラベ,中国の彫像の素材としても使われていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

凍石

(1) 塊状の滑石に富む岩石.緻密質な滑石で,蝋石または石筆石と呼ばれることが多い.石鹸石(soapstone)はこの一種.蛇紋岩または雲母片岩などの中に産出.(2) 高周波絶縁材料に用いられるステアタイトはMg-橄欖(かんらん)石~Mg-輝石系の成分の焼結体で人工的に合成した材料.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうせき【凍石】

滑石の一種。比較的純粋に近い組成をもち、緻密で塊状。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凍石の関連キーワード珪質岩アナルサイム岩ポルセラナイトメタ珪岩滑石片岩クロリトライトアルモクラテイックドリオモルフィックカルサイトフェルス黒雲母輝岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone