出る杭は打たれる(読み)デルクイハウタレル

デジタル大辞泉の解説

出(で)る杭(くい)は打(う)たれる

《「出る釘は打たれる」とも》
才能・手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。
さし出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける。
[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」では、「出るは打たれる」を使う人が73.1パーセント、「出るは打たれる」を使う人が19.0パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でるくいはうたれる【出る杭は打たれる】

〔「出る釘くぎは打たれる」とも〕
頭角を現す者はとかく他の人から憎まれ邪魔をされる。
よけいなことをする者は他から制裁を受ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出る杭は打たれるの関連情報