コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出井伸之 いでい のぶゆき

2件 の用語解説(出井伸之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出井伸之 いでい-のぶゆき

1937- 平成時代の経営者。
昭和12年11月22日生まれ。昭和35年ソニーに入社。ホームビデオ事業本部長などをへて,平成元年取締役,6年常務,7年社長。12年会長兼最高経営責任者ソフトハードの異文化を操作する「複雑系」,デジタル技術を追究する「デジタル・ドリーム・キッズ」をキャッチフレーズに同社の経営戦略をすすめる。12年首相の諮問機関「IT戦略会議」議長に就任。18年クオンタムリープ設立。東京出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出井伸之
いでいのぶゆき
(1937― )

実業家。1937年(昭和12)早稲田(わせだ)大学教授、出井盛之(いでいせいし)(1892―1975)の次男として東京都に生まれた。1960年早稲田大学第一政治経済学部を卒業し、ソニーに入社。1995年(平成7)に上席役員14人抜きでソニーの社長について以来、10年間エレクトロニクスから映画、金融にまたがる巨大企業のトップを務めた。インターネットやIT(情報技術)時代を見据えた経営改革を唱え、売上高4兆円弱だったソニーを年商8兆円超の企業に育て、1990年代後半には海外経済誌から世界を代表する経営者の一人に選ばれた。ただITバブル崩壊後、デジタル対応の遅れもあって業績不振に陥り、2005年に経営の表舞台から退いた。2006年コンサルタント会社「クオンタムリープ」を設立し代表取締役を務めている。
 ソニー入社後、ソニー・フランス社の設立などの海外営業、音響、コンピュータ、ホームビデオ、広告宣伝部門などを経験し、1995年に社長・COO(最高執行責任者)に就任。1999年にCEO(最高経営責任者)、2003年に会長を歴任し、2000年からは政府のIT戦略会議(内閣総理大臣の諮問機関)議長も務めた。
 この間、1997年にソニーが未経験だったパソコン事業に参入し、「VAIO(バイオ)」をパソコンの代表商品に育てた。2001年には三井住友銀行やアメリカのJPモルガン・チェースとインターネット専業銀行「ソニー銀行」を設立。次期トップの選考などを社外役員らに任せる「委員会等設置会社」制や執行役員制など、アメリカ型の経営手法を取り入れた。アメリカの『フォーチュン』誌(経済誌)が選ぶ1997年のアジアのビジネスマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、1998年にはフランスのレジオン・ドヌール勲章オフィシエ章を受章。
 ただ薄型テレビなどデジタル家電への出遅れで業績が悪化。2005年にソニー・ピクチャーズエンタテインメント社(旧コロンビア映画)の立て直しに成功したハワード・ストリンガーHoward Stringer(1942― )にトップの座を譲り、最高顧問に退いた。『ONとOFF』『非連続の時代』『日本進化論―二〇二〇年に向けて』など著書多数。[矢野 武]
『立石泰則著『ソニーの「出井」革命』(1998・講談社) ▽財部誠一著『出井伸之のCEO学』(2000・PHP研究所) ▽出井伸之著『ONとOFF』(2002・新潮社) ▽出井伸之著『非連続の時代』(2002・新潮社) ▽出井伸之著『日本進化論―二〇二〇年に向けて』(幻冬舎新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出井伸之の関連キーワード石井英子伊奈輝三上山保彦大塚正士桜田慧中原伸之日枝久槙原稔正岡道一米倉弘昌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出井伸之の関連情報