出師の表(読み)スイシノヒョウ

  • すいし
  • すいしのひょう〔ヘウ〕
  • の 表(ひょう)
  • 出師

とっさの日本語便利帳の解説

漢中攻めに立つ「危急存亡の秋」に際して、孔明皇帝・劉禅に残した出陣の上奏文(表)。その中で先主劉備の三顧に報いる覚悟を述べる。のちに再度、漢中に赴く時の「後出師の表」がある。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、三国蜀(しょく)の丞相(じょうしょう)、諸葛亮(しょかつりょう)(字(あざな)は孔明(こうめい)、181―234)の上奏文。蜀の先主(劉備(りゅうび))の没後、その遺詔により幼少の後主(こうしゅ)(劉禅(りゅうぜん))を託された彼が、227年(建興5)魏(ぎ)を伐(う)つために軍を率いて漢中(陝西(せんせい)省)から出発する際に、後主に奉じたもの。国の将来を案じて賢者を登用し諫言(かんげん)を聞き、先主の遺徳を高めるように説いた忠誠心あふれる名文。『文選(もんぜん)』巻37に収める。なお、翌年にも上奏文があり、「後出師の表」といって区別する。

[根岸政子]

『『出師表』(小尾郊一著『全釈漢文大系30 文選5』所収・1975・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

中国、三国蜀の宰相諸葛亮(字(あざな)、孔明)が先主劉備の死後、出陣するにあたって後主に奉った憂国の至情にあふれた文。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

三国時代の蜀 (しよく) の宰相諸葛亮 (しよかつりよう) が劉備 (りゆうび) の死後討伐に出陣する際,幼主の劉禅 (りゆうぜん) にたてまつった上奏文
227年のものが翌年の「後出師の表」より有名で,自己の忠誠心を吐露した名文。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android