出来物(読み)デキブツ

デジタル大辞泉の解説

でき‐ぶつ【出来物】

人格・才能のすぐれた人物

でき‐もの【出来物】

吹き出物。おでき。
できぶつ」に同じ。
「近きころの遊君の―ぢゃ」〈仮・東海道名所記・二〉

でけ‐もの【出来物】

すぐれた作品。また、すぐれた人物。できもの。
「山本文右衛門が筆勢、大きに―と沙汰しければ」〈浮・織留・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

できぶつ【出来物】

人格・才能がすぐれた人物。できた人。 「なかなかの-だ」

できもの【出来物】

[3][0] 吹き出物。おでき。
[0] よくできた物。また、すぐれた人。 「近きころの遊君の-ぢや/仮名草子・東海道名所記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でき‐ぶつ【出来物】

でき‐もの【出来物】

〘名〙
① からだにできたはれもの。ふきでもの。腫物(しゅもつ)。おでき。
※御湯殿上日記‐文明一三年(1481)八月一四日「たけためして御てき物みせらるる」
浮世草子・好色二代男(1684)一「お目のうへの出来(テキ)物、ちいさいとて其儘おかんすがわるいと」
② 立派にできたもの。すぐれたもの。
※史記抄(1477)三「其土の様子と其土のてきものの様子とかかはるぞ」
※浮世草子・好色旅日記(1687)三「山寺の春の夕めしおそければ、入あひ鐘に腹ぞへりけるとよみます、是は出来(デキ)物と讚れば」
③ すぐれた人物。人柄のよくできた人物。できぶつ。
仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)二「とら御前ほどにこそはなくとも、近きころの遊君の出来物(デキモノ)ぢゃ」

でけ‐もの【出来物】

〘名〙
① すぐれた作品。傑作。または、すぐれた人物。傑物(けつぶつ)。できもの。
※浄瑠璃・渡辺綱三田合戦(1663)四「此物共が有様、むるい、きたい、めうふしぎの、でけ物かなとて、皆、かんぜぬ者こそなかりけれ」
② からだにできたはれもの。ふきでもの。できもの。おでき
※雑俳・玉真葛(1731)「腫(デケ)物を見ねば薬が合はされぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出来物の関連情報