コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲寺和泉掾(2代) いずもじ いずみのじょう

2件 の用語解説(出雲寺和泉掾(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出雲寺和泉掾(2代) いずもじ-いずみのじょう

?-1704 江戸時代前期の本屋,版元。
明暦3年(1657)京都の書店をつぎ,江戸日本橋に支店をかまえ,幕府の御書物師となる。武家の名鑑である武鑑を刊行,須原屋茂兵衛(すはらや-もへえ)の独占をやぶった。宝永元年9月14日死去。8代からは京都店と江戸店にわかれ,前者は昭和,後者は明治までつづいた。姓は林。名は時元,のち白水。号は松栢(柏)堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

出雲寺和泉掾(2代)

没年:宝永1.9.14(1704.10.12)
生年:生年不詳
江戸時代初期に創業し,明治まで続いた書肆の2代目。名は時元(退隠後白水と改名)。林姓。松柏堂と号す。林羅山の縁者と伝えるが未詳。出雲寺の家名は創業時の地名に拠るという。京都今出川に開業した初代元真(生年不詳~1631)は和泉掾の官名を許され,以後代々これを継ぐ。時元のとき,江戸日本橋1丁目に出店。御書物師を命ぜられ,代々幕府御用を務める。白水は京より写本類を持ちきたり,林鵞峯の『本朝通鑑』執筆や水戸家修史事業に力があったという。書肆として東へ文化を伝える役割を果たしたといえる。 8代からは京店と江戸店とに分家し,京店では,7代以来文治郎を称した。各々数度の店舗移動後,ともに明治まで続いた。漢学,有職書,歌書,『白氏文集『源氏物語』など和漢の古典を中心に出版したほか,『武鑑』株の所持で知られる。書肆としての格式第1位の老舗である。<参考文献>宗政五十緒『近世京都出版文化の研究』

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出雲寺和泉掾(2代)の関連キーワード足高平田彦三船師薩摩版書肆南蛮菓子猿若三座中野市右衛門(初代)風月庄左衛門安部晴明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone