コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分付 ぶんづけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分付
ぶんづけ

分付百姓」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分付
ぶんづけ

検地帳の名請人(なうけにん)が「何々分」と肩書きされた場合の記載様式または身分関係。戦国時代以降の検地帳のうちには、まれに「何々分」と肩書きされた名請人がみられる。この場合、何々分の何々を分付主(ぶんづけぬし)、名請人を分付百姓とよび、後者は前者の分家か下人などで隷属関係にある。また田畑一筆の名請人がA分B作となっている場合も、Aが分付主、Bが分付百姓で同様の隷属関係にある。この分付関係は年代とともに減少し、消滅する傾向にあった。なお他村に耕地をもつ場合、分付関係で表示されることもある。[宮川 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

分付の関連キーワードサウスサンドイッチ諸島プリンス・ハラルド海岸トロンヘイムフィヨルドブク川(ポーランド)プリンス・オラフ海岸中之島(鹿児島県)リュツォ・ホルム湾長崎鼻(鹿児島県)黒島(鹿児島県)リュツォホルム湾アガレガ諸島コロナ放電薩南諸島甑島列島南西諸島大和雪原屋久島追分節モルド徳之島

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分付の関連情報