コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名請人 なうけにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名請人
なうけにん

高請百姓高持百姓ともいう。江戸時代検地を受けて耕地や屋敷地の所持者として公認され,検地帳に登録された農民。 (→本百姓 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なうけ‐にん【名請人】

江戸時代、領主から耕作地の所持を認められ、年貢負担者として検地帳にその名を登録された農民。高請人。竿請(さおうけ)人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

名請人【なうけにん】

江戸時代,検地により田畑・屋敷の所持者として認定され,検地帳に記載された百姓。高(たか)請百姓・竿請人などともいう。耕作する権利と義務があり,年貢・諸役を負担した。
→関連項目太閤検地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なうけにん【名請人】

検地帳に名前を登載されている農民のこと。検地によって田畑,屋敷地の所持者として領主に認定され,その田畑,屋敷地にかかる年貢,諸役を負担する責務を請け負っていた。検地帳には田畑,屋敷地1筆ごとに,その場所名,田畑・屋敷の別とその品位,面積,分米,人物の名が記載されているが,その人物が名請人である。このように検地帳に田畑,屋敷地が登録されることを,農民の側からは高請,竿請などといい,名前が登録されることを名請といったが,領主の側からすれば検地帳への書載,書付,名付などといった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なうけにん【名請人】

近世の検地の際、一筆の耕地ごとにその所持者と認定され、負担すべき年貢の数量とともに年貢納入の責任者として検地帳に登録された農民。高請人。竿請人。名請百姓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名請人
なうけにん

検地帳の登録人。高請人、竿請(さおうけ)人ともいう。戦国末期から江戸時代を通じての検地において、一筆ごとに確立された分米(ぶんまい)すなわち石高(こくだか)の保有者として検地帳に登録され、その石高を請け負って年貢を負担する義務を負う者である。その性格や権利義務の内容には、年代的に若干の変化があった。なお、荘園(しょうえん)制下の検注帳の登録人は、これを名請人(みょううけにん)とよび、年貢公事(くじ)を負担する義務を負っていた。[宮川 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の名請人の言及

【検地帳】より

…形式には,さまざまなものがあるが,太閤検地の検地帳の形式が統一されるのは文禄検地であり,幕府検地の検地帳が統一的な形式に整えられるのは寛文・延宝検地である。検地帳の標準的な記載形式(文禄検地,寛文・延宝検地以後の幕府検地)では,1村単位で検地結果をとりまとめ,1村の石盛(こくもり)を定め,村内の田・畑・屋敷について1筆ごとに田畑所在地名(字名),地目(田,畑,屋敷),品位(上・中・下・下々),面積,石高,名請人(なうけにん)を記し,最後にそれを総計して村高を記載する。さらに,屋敷四壁,山林,池,沼沢,荒地などを記載したり,〈甲分・乙作〉〈甲家抱・乙作〉という分付形式で村落内部の階層関係が記帳されることもある。…

【地主】より

…しかし近世の地主は,歴史的には被支配者たちの土地所持をいい,近世社会において再生産の支柱を担った農民の土地所持者を意味する。つまり近世の地主は,土地制度の根幹である幕藩領主の検地によって把握された農民であり,検地帳に登録された名請人(なうけにん)にほかならない。また,地主には小作人に対する対概念の意味もある。…

※「名請人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名請人の関連キーワード分附・分付小農自立高請百姓検注帳石高制帳外れ責任者近世一筆分付野帳国検高持水帳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android