コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分付百姓 ぶんづけひゃくしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分付百姓
ぶんづけひゃくしょう

江戸時代初期にみられる隷属的な農民身分の一つ。分付とは検地帳記載の一形式で同一耕地に対し「何某分誰作」とあるのをいい,「何某」を分付主 (ぶんづけぬし) ,「誰」を分付百姓という。分付百姓は直接耕作者であるが,分付主に対し分家下人,名子などなんらかの隷属的関係にあったと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

分付百姓【ぶんづけひゃくしょう】

江戸初期に多くみられ,検地帳に誰々分という肩書付きで登録された百姓。分付主との間に血縁的または非血縁的隷属関係があるのが普通。土地保有権やそれに関する諸権利は分付主にあり,分付百姓は年貢・諸役を分付主を通して納めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android