コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分付百姓 ぶんづけひゃくしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分付百姓
ぶんづけひゃくしょう

江戸時代初期にみられる隷属的な農民身分の一つ。分付とは検地帳記載の一形式で同一耕地に対し「何某分誰作」とあるのをいい,「何某」を分付主 (ぶんづけぬし) ,「誰」を分付百姓という。分付百姓は直接耕作者であるが,分付主に対し分家下人,名子などなんらかの隷属的関係にあったと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

分付百姓【ぶんづけひゃくしょう】

江戸初期に多くみられ,検地帳に誰々分という肩書付きで登録された百姓。分付主との間に血縁的または非血縁的隷属関係があるのが普通。土地保有権やそれに関する諸権利は分付主にあり,分付百姓は年貢・諸役を分付主を通して納めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android