コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子結晶 ぶんしけっしょうmolecular crystal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子結晶
ぶんしけっしょう
molecular crystal

分子と分子がファン・デル・ワールス力で弱く結合してできる軟らかい結晶分子性結晶ともいう。一般に融点が低く,昇華しやすく,電気絶縁性がよい。例としてアルゴンなどの希ガス,酸素などの非金属無機物,パラフィンナフタリンなどの有機化合物の結晶がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんし‐けっしょう〔‐ケツシヤウ〕【分子結晶】

分子が、分子間の弱い引力であるファンデルワールス力で結合してできた結晶。結合力が弱いので融点昇華点が低く、結晶は壊れやすい。分子性結晶。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしけっしょう【分子結晶 molecular crystal】

分子内の強い結合力に比べて格段に弱い分子間の力によって分子が集まって作る結晶。一般に融点が低い。この分子間の力は,気体の場合の分子間の相互作用,液体の場合の凝集力と同じものであり,温度を下げることによって結晶格子を形成する力となる。代表的な分子間力としてファン・デル・ワールス力などが知られている。飽和有機化合物や,ハロゲン分子などの結晶がこれに属し,また,不活性気体原子なども同様な分子間力による結晶を作る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子結晶
ぶんしけっしょう
molecular crystal

分子性結晶ともいう。単独に存在しうる分子がファン・デル・ワールス力で凝集して生成する結晶であり、低分子量分子では一般に融点が低く、昇華しやすい特徴をもつ。結晶内での分子構造が気体での構造とほとんど変わらないものが真の分子結晶である。水や酸、塩基では結晶内での水素結合の寄与が大きくなり、分子構造に影響している。塩化アルミニウムは気体ではAl2Cl6の二量体分子であるが、結晶はイオン結晶となる。五塩化リンPCl5も結晶では[PCl4][PCl6]の錯塩となる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

分子結晶の関連キーワードファンデルワールス格子エネルギーギニエプロットダビドフ分裂結晶の原子面プラスチックエピタキシーイオン結晶塩化水銀軌道電子軌道関数電子軌道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分子結晶の関連情報