コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散硬化 ぶんさんこうかdispersion hardening

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんさんこうか【分散硬化 dispersion hardening】

結晶素地中に,たとえば酸化物析出物のような固溶しない第二相粒子が存在することによって起こる硬化をいう。したがって,第二相粒子が形成される様式にはよらないが,とくに析出によって形成された第二相粒子の分散による硬化を析出硬化と呼ぶ。素地中に第二相粒子が存在するものは,ふつう素地よりも強いため転位運動の障害となる。このため転位の運動を起こすには非常に大きな応力を加えなければならず,材料は高い降伏強さを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分散硬化
ぶんさんこうか
dispersion hardening

異質の微細粒子が分散しているために生じる合金の強化。合金中から熱処理により析出する異相粒子による析出強化と、本質的には溶け合わない素材どうしを焼き固めて得られる分散強化とがある。アルミニウム合金の一種であるジュラルミンの硬化は前者の例である。この種の硬化材料の強さは、その材料をある温度以上に加熱すると急激に低下してしまう。また長時間やや温度の高い場所で使用しても、その強度を失う。後者の例としてはアルミナ(酸化アルミニウム)粒子を数%含むアルミニウム合金(たとえばSAP)がある。これはアルミニウム粉(表面は酸化されて薄いアルミナとなっている)を高温で焼結、押出し加工した材料で、アルミナは微細な粒子となって材料全体に分布している。この材料の強さはアルミニウムの融点までほとんど変わらない。[及川 洪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

分散硬化の関連キーワード超合金

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android