切干し(読み)きりぼし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切干し
きりぼし

保存食品の一種。おもに大根の乾燥品をいう。切り方によって千切干し,上切干し,角切干しなどという。水に戻してから調理する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きり‐ぼし【切(り)干し/切り乾し】

大根やさつまいもなどを薄く切って、日に干すこと。また、そのもの。特に大根についていう。 冬》「―やいのちの限り妻の恩/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

切干し【きりぼし】

乾燥野菜の一種。サツマイモやナスなどもあるが,一般には切干しダイコンをいう。切ったダイコンを天日で干したもの。宮重(みやしげ)ダイコンのように柔らかく甘味のあるものがよく,細長く切った千切干し,短冊形の角切干し,輪切の花丸切干しなどがある。水でもどし,油揚げと煮たり,はりはり漬などにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きりぼし【切干し】

乾燥野菜の一種。一般にはダイコンを切って干したものをいうが,サツマイモでも作る。ダイコンの切干しには肉質が緻密(ちみつ)でやわらかい宮重(みやしげ)ダイコンが適し,桜島ダイコンも用いる。宮崎県が主産地で,12~2月に天日乾燥して作る。細長く切った千切干し,小さな短冊形の角切干し,輪切りにした花丸干し,縦割りにした割干しなどがある。水分16.9%,糖質59.1%,繊維6.6%を含み,水でもどして油揚げと煮たり,合せ酢につけてはりはり漬にする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切干しの関連情報