コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切干し きりぼし

4件 の用語解説(切干しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切干し
きりぼし

保存食品の一種。おもに大根の乾燥品をいう。切り方によって千切干し,上切干し,角切干しなどという。水に戻してから調理する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きり‐ぼし【切(り)干し/切り乾し】

大根やさつまいもなどを薄く切って、日に干すこと。また、そのもの。特に大根についていう。 冬》「―やいのちの限り妻の恩/草城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

切干し【きりぼし】

乾燥野菜の一種。サツマイモやナスなどもあるが,一般には切干しダイコンをいう。切ったダイコンを天日で干したもの。宮重(みやしげ)ダイコンのように柔らかく甘味のあるものがよく,細長く切った千切干し,短冊形の角切干し,輪切の花丸切干しなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きりぼし【切干し】

乾燥野菜の一種。一般にはダイコンを切って干したものをいうが,サツマイモでも作る。ダイコンの切干しには肉質が緻密(ちみつ)でやわらかい宮重(みやしげ)ダイコンが適し,桜島ダイコンも用いる。宮崎県が主産地で,12~2月に天日乾燥して作る。細長く切った千切干し,小さな短冊形の角切干し,輪切りにした花丸干し,縦割りにした割干しなどがある。水分16.9%,糖質59.1%,繊維6.6%を含み,水でもどして油揚げと煮たり,合せ酢につけてはりはり漬にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

切干しの関連キーワード乾燥野菜菜根凍み大根細根大根回し切り青味だいこん祝だいこん時無だいこん淀だいこん大根鮓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone