コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈干切唄 カリボシキリウタ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刈干切唄
かりぼしきりうた

宮崎県の民謡。同県高千穂地方では、野山に生えているササやカヤなどを晩秋に刈り取り、よく干してから家の屋根を葺(ふ)き、また山野の雑草を刈り取って乾燥させ、牛馬の冬場の飼料にしてきた。この作業を刈干し切りといい、『刈干切唄』はその労作唄である。山の斜面で柄(え)の長い鎌(かま)を振り回しながら歌ったり、ササやカヤそれに雑草を牛の背に乗せて綱を引きながら歌ったりしてきた。その作業の内容から、唄はおのずと緩いテンポになっている。高千穂地方で歌われている陽旋法のものと、広く歌われている陰旋法のものと2通りの唄がある。『日向(ひゅうが)追分』ともよばれているが、本来の追分節とはまったく関係がない。[斎藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

刈干切唄の関連キーワード斎藤追分

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android