コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かり

百科事典マイペディアの解説

刈【かり】

稲1束(そく)を収穫することができる耕地の面積単位。〈苅〉とも記され,束刈(そくかり)・束把刈(そくはかり)とも称された。使用は律令制以前にさかのぼると考えられ,律令制下で町反歩制(ちょうたんぶせい)がとられたのちも民間で長く慣習的に使用された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

刈の関連キーワード和布刈りの神事・和布刈の神事・和布苅りの神事・和布苅の神事坪刈り・坪刈・坪苅り・坪苅刈り高・刈高・苅り高・苅高福岡県北九州市門司区門司中之島[町]向島(広島)和布刈の神事和布刈神社大田垣蓮月日御碕神社早鞆ノ瀬戸和布刈神事めかぶの日栃尾[市]物狂い能小作制度男物狂い浮き海布葦の仮寝草刈機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刈の関連情報