コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 かり

1件 の用語解説(刈の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

刈【かり】

稲1束(そく)を収穫することができる耕地の面積単位。〈苅〉とも記され,束刈(そくかり)・束把刈(そくはかり)とも称された。使用は律令制以前にさかのぼると考えられ,律令制下で町反歩制(ちょうたんぶせい)がとられたのちも民間で長く慣習的に使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

刈の関連キーワード蓮根秋作可変値ができる腹ができる収穫期経営耕地面積耕地率経営耕地借入耕地

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刈の関連情報