コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハン

デジタル大辞泉の解説

はん【判】

文書などに押して、しるしとするもの。印判。印形(いんぎょう)。はんこ。また、そのしるし。「書類にをもらう」
書き判。花押(かおう)。
《「ばん」とも》紙や本などの大きさの規格を示す語。「A5」「新書
物事の優劣・可否などを見分け定めること。判定。
「この―仕うまつり給ふ」〈・絵合〉
判決。さばき。
「国の守の―にいはく」〈沙石集・九〉

はん【判】[漢字項目]

[音]ハン(呉)(漢) バン(慣) [訓]わかる
学習漢字]5年
〈ハン〉
二つに分かれる。「剖判(ほうはん)」
はっきり見分ける。「判断判定判読判別批判評判(ひょうばん)
区別がはっきりする。「判然判明
疑わしいことに白黒をつける。「判決判事判例公判裁判(さいばん)審判(しんぱん)
はんこ。印形(いんぎょう)。「印判(いんばん)血判(けっぱん)贋判(にせはん)連判(れんぱん)三文判(さんもんばん)
紙・書籍などの大きさ。「判型(はんがた・はんけい)
〈バン〉
紙・書籍などの大きさ。「大判菊判
昔の金貨。「判金大判小判
[名のり]さだ・ちか・なか・ゆき
[難読]判官(ほうがん)判官(じょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はん【判 pàn】

中国では,断罪理由を連ねた判決文をいう。日本の歌合や句合において優劣の判定を述べる判の詞(ことば)とは異なり,かなり長文になるのが通例。唐代に始まるようで,唐の判は,四六駢儷文(べんれいぶん)を用い,荘重に朗誦できるように工夫されたが,宋代になると,古文体で判をしるす人も現れてきた。唐代以降,進士の試験には判が課されることになっていたので,受験参考書としての判の例文集も作られた。《遊仙窟》の作者として知られる張鷟(ちようさく),字は文成の《竜筋鳳髄判》4巻(《判決録》ともいう)などは,それである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はん【判】

是非や優劣を考えて定めること。 「 -を下す」
印。印形。はんこ。 「書類に-を押す」 「 -をつく」
書き判。花押かおう
〔連濁して「ばん」とも〕 「判型」の略。 「四六-」 「 A 5 -」
[句項目]

ばん【判】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【裁判】より


【裁判の語義と意義】
 広い意味では,二当事者間に対立のある争点について,第三者が判断を示すことによってその争点に最終的な結着を与えること,その過程またはその判断を裁判という。その判断が最終的なものとして通用するためには,当該社会集団でそのような権威を持つものとして公認された機関ないし手続によってなされたものであることが必要である。…

※「判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

判の関連情報