コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別府大学 べっぷだいがく

3件 の用語解説(別府大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別府大学
べっぷだいがく

私立大学。 1908年創設の豊州女学校が起源。 1946年別府女子専門学校となり,1950年別府女子大学 (九州初の私立女子大学) として発足し,文学部を置いた。 1954年現校名に改称し,男女共学となった。入学定員は 360人 (1997) 。 1996年大学院を設置。アジア歴史文化研究所を併設する。所在地大分県別府市

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

べっぷ‐だいがく【別府大学】

大分県別府市に本部がある私立大学。昭和22年(1947)設立の別府女子専門学校を母体に、同25年別府女子大学として発足。同29年男女共学となり、現校名に改称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

別府大学
べっぷだいがく

私立。起源は1908年(明治41)創設の豊州女学校。1946年(昭和21)設立の別府女子専門学校を経て、1950年別府女子大学設置。1954年現名称に改称され、男女共学となる。2010年(平成22)時点で、文学部(国際言語・文化学科、史学・文化財学科、人間関係学科)、食物栄養科学部(食物栄養学科、発酵食品学科)、短期大学部(食物栄養科、初等教育科、地域総合科学科、保育科、専攻科初等教育専攻・福祉専攻)、大学院(文学研究科、食物栄養科学研究科)、および外国人留学生のための別科日本語課程を置く。建学の精神は「真理はわれらを自由にする」。地域社会を担う人材の育成を目ざし、また国際理解教育に力を入れている。所在地は大分県別府市北石垣82(別府キャンパス)、大分市野田380(大分キャンパス)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

別府大学の関連キーワード監獄法新聞小説光緒帝クリーマーロマンワインガルトナー井上光ウェルニーエアトン小河滋次郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

別府大学の関連情報