前人未踏(読み)ぜんじんみとう

四字熟語を知る辞典「前人未踏」の解説

前人未踏

これまで誰も到達した人がいないこと。今まで誰も手をつけていないこと。をふみ入れたことがないこと。

[使用例] 西行とは、こういうパラドックスを歌の唯一の源泉と恃み、前人未到の境に分け入った人である[小林秀雄*西行|1942]

[使用例] その日の穴場は林のはずれの小さな空地で、〈略〉なるほど、前人未踏の処女地である[開高健*青い月曜日|1965~67]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「前人未踏」の解説

ぜんじん‐みとう〔‐ミタフ|‐ミタウ〕【前人未踏/前人未到】

今までだれも足を踏み入れていないこと。また、だれもその境地に到達していないこと。「―の秘境」「―の記録」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「前人未踏」の解説

ぜんじん‐みとう ‥ミタフ【前人未踏・前人未到タウ

〘名〙 これまで誰も到達した人がいないこと。今まで誰も手をつけていないこと。足をふみ入れたことがないこと。
※江戸から東京へ(1925)〈矢田挿雲〉一二「カラフト西岸及び東ダッタン黒龍江の流域まで真に前人未踏(ゼンジンミトウ)の夷境を極め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android