白兵戦(読み)ハクヘイセン

世界大百科事典 第2版の解説

はくへいせん【白兵戦】

とは,斬る,突くという機能をする兵器で,刀,剣,槍など白刃を有するものを総称し,これらをもって行う近接格闘戦を白兵戦といった。白兵に対応するものは火兵であり,火薬ガスの圧力を利用して弾丸を発射する兵器を火器といい,これを使用する戦闘を火戦といった。旧日本軍においては,戦闘経過の大部分を占めるのは火戦であるが,結局は突撃を実施して白兵戦を交え,敵を撃滅して戦闘に最終の決を与えるものであると強調された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はくへいせん【白兵戦】

刀剣・槍などをもって、双方入り乱れてする戦い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくへい‐せん【白兵戦】

〘名〙 敵と接近し、刀や剣槍などの武器を交えて戦うこと。
※風俗画報‐二九三号(1904)摩天嶺第一回敵の来襲「前記の外此白兵戦に於ける健闘者の実況を聞くに、伍長山田信吉氏は接戦三名を殪し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白兵戦の関連情報