剝製(読み)ハクセイ

デジタル大辞泉「剝製」の解説

はく‐せい【剝製】

鳥獣の肉や内臓を取り除き綿・麻などを詰めて、防虫・防腐処理をし、生きているときの外形を保つように作ること。また、そのもの。
[補説]骨・内臓などを取って表皮だけにしたものに人造の骨・眼球などを入れて生きているときの姿にした展示・鑑賞用のものを「本」という。また、骨・内臓などを取って表皮だけにし、死んだときの形を保つようにして研究用に保存したものを「仮剝製」という。
[類語]標本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「剝製」の解説

はくせい【剝製】

研究,教育,装飾などに役だてるため,動物の皮をはぎ,中身を取り去って作った乾燥標本。ふつう,毛や羽のある哺乳類鳥類で作られるが,大型の爬虫類両生類魚類甲殻類などでも作られることがある。仮剝製と本剝製の2種類がある。
[仮剝製]
 研究用標本で,どこででも簡単に製作でき,収納,観察に便利であるが,姿が自然でないので展示には適さない。もっぱら小型の哺乳類と鳥類で作られる。外部の計測をした後,ふつう,腹面の正中線を切開して皮をはぎ,鳥類の場合は頭骨と四肢の骨,哺乳類の場合は後者だけ残して中身を取り去り,皮の裏面に脱毛を防ぐため焼きミョウバンなどを塗り,中に綿,麻などで作った頭とと,針金に綿を巻いた尾の芯を入れてから,切開した部分を糸で縫い合わせ,収納に便利な,腹ばいまたはあおむけに寝た姿勢に整えた後,陰干しにして仕上げる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android