コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇能 げきのう

世界大百科事典 第2版の解説

げきのう【劇能】

能の分類名。風流(ふりゆう)能と対立する。舞台的面白さに主眼を置く風流能に対し,人間の心理・葛藤・対立を中心に描いた能を指す。〈夢幻能〉に対する〈現在能〉を〈劇能〉と称したこともあったが,夢幻能=非劇,現在能=劇という図式が成り立つわけではない。複数の人間が対立しつつ展開する一般的な劇の概念からは外れるものの,ある人物の内面をその人自身が語るという意味で,夢幻能も〈劇〉に含むことができる。とくに,《井筒》《檜垣(ひがき)》《頼政》《忠度》をはじめとする世阿弥作の夢幻能の多く(風流性の強い脇能を除く)は,人間性の内面を深く掘り下げた優れた劇であり,《鵺(ぬえ)》のような鬼畜の能すらも,敗者の悲哀が人間的にとらえられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

劇能の関連情報