現在能(読み)ゲンザイノウ

世界大百科事典 第2版の解説

能の分類名。〈夢幻能〉と対立して能を二大別する。夢幻能の典型的存在(男女の霊,草木など)を主人公として過去を回想する形をとるのに対し,〈現在能〉は現実世界のできごとを描く。すなわち,現実の時間経過に沿ってが進行し,登場人物も多くは生きている人間である。現在能の名称は,《鵺(ぬえ)》と《現在鵺》,《巴》と《現在巴》のように,同一人体の霊と現在が登場する2曲がある場合,後者に〈現在〉のを冠して区別した習慣に基づく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 能楽で、主人公(シテ)を、霊ではなく実在する人物として登場させるもの。「自然居士」「班女」「隅田川」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の現在能の言及

【劇能】より

…舞台的面白さに主眼を置く風流能に対し,人間の心理・葛藤・対立を中心に描いた能を指す。〈夢幻能〉に対する〈現在能〉を〈劇能〉と称したこともあったが,夢幻能=非劇,現在能=劇という図式が成り立つわけではない。複数の人間が対立しつつ展開する一般的な劇の概念からは外れるものの,ある人物の内面をその人自身が語るという意味で,夢幻能も〈劇〉に含むことができる。…

【能】より

…しかし化身体と本来の現在体とでは演出面の扱いが違う。
[構想]
 能本は,その構想のうえで夢幻能と現在能の二つに大別される。ただし両者の中間をいく構想の能本もある。…

【夢幻能】より

…能の分類名。〈現在能〉と対立して能を二大別する。能を代表する形式で,初番目物の大半,二番目物のほとんどすべて,三番目物の多く,四番目物五番目物の一部が夢幻能形式をとる。…

※「現在能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android