コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉聡 りゅうそうLiu Cong; Liu Ts`ung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉聡
りゅうそう
Liu Cong; Liu Ts`ung

[生]?
[没]光初1(318)
中国,五胡十六国の漢 (→前趙 ) の第3代皇帝 (在位 310~318) 。字は玄明。諡は昭武帝。廟号は烈宗。父劉淵のもとで活躍。父が没すると,跡を継いだ兄劉和を殺して即位。嘉平1 (311) 年洛陽を陥れ,次いで麟嘉1 (316) 年長安を陥れて西晋を滅ぼした。また東方の経営を石勒 (せきろく) にまかせて成果をあげ,華北の主要部をほぼ領有した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうそう【劉聡 Liú Cōng】

?‐318
中国,漢(前)の第3代皇帝。初代劉淵の第4子。幼時洛陽に遊学,劉淵が独立を図ると,その片腕として働いた。310年(光興1)兄の劉和を殺して即位,西晋の都洛陽を攻略して懐帝らを首都平陽に移した。ついで長安を占領したので,華北はほぼ劉聡の覇権下にはいった。しかしその政権内部は動揺がはげしく,劉聡が複数の皇后を立て後宮を拡張したことから外戚,宦官(かんがん)の勢力が増大して宗室や官僚の誅殺があいつぎ,その死後外戚靳準(きんじゆん)に政権を奪われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉聡
りゅうそう
(?―318)

中国、五胡(ごこ)十六国時代、漢(後の前趙(ぜんちょう))の第3代の皇帝(在位310~318)。劉淵(りゅうえん)の子。諡(おくりな)は昭武帝。廟号(びょうごう)は烈宗。兄の劉和を殺して帝位を奪うと、翌年には、一族の劉曜、匈奴(きょうど)族の呼延晏(こえんあん)、羯(けつ)族の石勒(せきろく)、および漢人の王彌(おうび)らに命じて西晋(せいしん)の都洛陽(らくよう)を攻め落とし、懐帝を捕らえた(永嘉(えいか)の乱)。さらに316年には愍(びん)帝を長安に捕らえ、西晋を滅亡に追い込んだ。国内では漢人を司隷(しれい)によって、また匈奴族をはじめとする諸民族を単于輔(ぜんうほ)によって統治した。劉聡は残忍な性格で酒色にふけり、かつ不思議な自然現象が絶えなかったという。そのために彼の死後、その子劉粲(りゅうさん)が外戚(がいせき)(きんじゅん)に殺され、漢は滅亡したが、準の勢力を倒した一族の劉曜が長安に拠(よ)って前趙(318~329)を建てた。[關尾史郎]
『谷川道雄著『隋唐帝国形成史論』(1971・筑摩書房) ▽内田吟風著『北アジア史研究 匈奴篇』(1975・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の劉聡の言及

【永嘉の乱】より

…漢以来,華北に移住していた匈奴,羌(きよう),鮮卑などの異民族は漢人の収奪に苦しんだが,八王の乱を機に自立をはかった。匈奴の劉淵は304年(元熙1)平陽(山西省)に漢(のちの前趙)を建国,その子劉聡は,311年懐帝を洛陽に,ついで316年愍(びん)帝を長安に捕らえ,西は滅びた。かくて晋室は南渡し(東晋),華北は五胡十六国時代に入って南北の対立がはじまった。…

【趙】より

…はじめ漢と称したが,劉曜のとき趙と改めた。第2代劉聡は311年(嘉平1)西晋の首都洛陽を占領(永嘉の乱),ついで長安を攻略して西晋を滅ぼし,五胡十六国時代がここに始まった。劉聡は華北一帯に覇を唱えたが,帝権の無軌道な拡張で国家が乱れた。…

※「劉聡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劉聡の関連キーワード上告新ヤンキースタジアム叙勲・褒章中台サービス貿易協定自由心証主義徳山ダムの導水路事業司法修習生の給費制と貸与制福岡空港のアムステルダム便原発事故に伴う畜産農家への国の支援金沖縄の米海兵隊オスプレイ運用の現状

劉聡の関連情報