コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症) かれいおうはんへんせいかれいせいおうはんへんせいしょう Age-related Macular Degeneration

1件 の用語解説(加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かれいおうはんへんせいかれいせいおうはんへんせいしょう【加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症) Age-related Macular Degeneration】

[どんな病気か]
 老化にともない黄斑部(おうはんぶ)(ものを見るために、眼底のうちでもっとも重要な部分で、網膜の中心にある)に異常を生じる病気で、50歳以上の高齢者によくみられます。
 萎縮型(いしゅくがた)と血管新生型(けっかんしんせいがた)(老人性円板状黄斑変性症(ろうじんせいえんばんじょうおうはんへんせいしょう))に大別されます。
 ほとんどは萎縮型ですが、血管新生型に移行することもあります。血管新生型は頻度は低いのですが、重い視力低下をおこします。
[症状]
 見ようとするものの中心部が見にくくなったり、ゆがんで見えます。そして、進行にともない見えにくい範囲が徐々に広がり、視力も低下してきます。
 血管新生型の場合は、さらに進行して視力低下は重症となり、回復することはありません。
[原因]
 光を感じる視細胞(しさいぼう)の新陳代謝(しんちんたいしゃ)に関係する網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)のはたらきが、老化にともなって衰えてくると、徐々に網膜色素上皮の萎縮が進行したり、その下に、排泄(はいせつ)されたはずの老廃物が蓄積して、黄斑部が障害されます(萎縮型)。
 網膜色素上皮細胞のさらに外側にある脈絡膜(みゃくらくまく)から発生した新生血管(元来はないはずの血管)が、網膜の下に伸展して出血し、網膜剥離や浮腫(ふしゅ)をおこしたのが血管新生型です。大出血をおこすこともあります(硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ))。
[検査と診断]
 眼底検査を行なうと、萎縮型の場合、黄斑部に黄白色の濁りや萎縮した組織(瘢痕(はんこん)組織)が認められます。また、新生血管が疑われる場合は、蛍光眼底検査(けいこうがんていけんさ)を行ないます。
[治療]
 萎縮型には、今のところ確実な治療法はありません。
 血管新生型の場合は、新生血管をレーザー光線で焼きつぶす光凝固療法(ひかりぎょうこりょうほう)が行なわれることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

加齢黄斑変性(加齢性黄斑変性症)の関連キーワード何心地不死身屁でもない病は気から老化現象然もなしともな・いみとうもな・いみともな・い氏子内親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone