コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

務台理作 むたいりさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

務台理作
むたいりさく

[生]1890.8.8. 長野
[没]1974.7.5.
哲学者。東京高等師範学校を経て京都大学哲学科に入り西田幾多郎に師事,1918年卒業。第三高等学校講師などを経て 26年ヨーロッパに留学,フッサールなどに学ぶ。 35年東京文理科大学教授となり,45年には同学長となった。 51年より慶應義塾大学教授。その哲学は一貫して人間のあり方を社会性と実存性の統一としてとらえようとするところに特徴をもつが,第2次世界大戦前はヘーゲル歴史哲学西田哲学とのかかわりにおいて,戦後は,マルクス主義哲学を実存主義哲学とのかかわりにおいて結びつけようと企図した。著書に『ヘーゲル研究』『社会存在論』および『思索と観察』 (1968) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

務台理作 むたい-りさく

1890-1974 大正-昭和時代の哲学者。
明治23年8月8日生まれ。西田幾多郎(きたろう)に師事,ドイツに留学してフッサールに現象学をまなぶ。台北帝大教授をへて昭和10年東京文理大教授,20年学長。26年慶大教授。戦後は社会主義ヒューマニズムを提唱,平和問題にも発言した。昭和49年7月5日死去。83歳。長野県出身。京都帝大卒。著作に「哲学概論」「現代のヒューマニズム」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

務台理作の関連キーワード神代辰巳ドイツ映画[各個指定]芸能部門藤田敏八ポルトガル文学[各個指定]工芸技術部門安野光雅寺山修司社会民主党(ドイツ)実験映画

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone