コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝間南瓜(こつまなんきん)

デジタル大辞泉プラスの解説

勝間南瓜(こつまなんきん)

大阪府大阪市西成区玉出で生産されるカボチャ。小型で果皮は緑色だが完熟すると赤茶色になる。果肉粘り気があり甘い。煮物や和菓子の材料に用いられる。名称は産地の旧地名(勝間村)に基づく。昭和10年代に一度栽培が途絶えたが、2000年に和歌山県の農家に保存されていた種子から復活の試みが始まった。大阪府により「なにわ伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

勝間南瓜[果菜類]
こつまなんきん

近畿地方、大阪府の地域ブランド。
江戸時代の発祥で、大阪市西成区玉出町(旧・勝間村)の原産とされる。小型で粘質のある日本南瓜。果皮は濃緑色だが、熟すと赤茶色になる。昭和10年代に途絶えた品種であるが、2000(平成12)年に木津市場の男性が和歌山の農家で種子を探し当て、復活の傾向にある。試験栽培された勝間南瓜は、冬至に生根神社で風邪や中風魔除けとして参拝者に振るまわれる。なにわの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

勝間南瓜(こつまなんきん)の関連キーワード近畿地方江戸時代

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android