コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝間南瓜(こつまなんきん)

1件 の用語解説(勝間南瓜(こつまなんきん)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

勝間南瓜(こつまなんきん)

大阪府大阪市西成区玉出町で生産されるカボチャ。小型で果皮は緑色だが完熟すると赤茶色になる。果肉は粘り気があり甘い。煮物や和菓子の材料に用いられる。名称は産地の旧地名(勝間村)に基づく。昭和10年代に一度栽培が途絶えたが、2000年に和歌山県の農家に保存されていた種子から復活の試みが始まった。大阪府により「なにわ伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone