コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包装用紙 ほうそうようし

百科事典マイペディアの解説

包装用紙【ほうそうようし】

包装用や,袋類を作るのに使う紙の総称。一般に強度が要求され,用途によっては美観,耐水性も重要。クラフト紙が多く使用され,またグラシン紙硫酸紙パラフィン紙,ターポリン紙(2枚のクラフト紙をアスファルトで接着した防湿・防水用紙),ポリエチレンラミネート紙(クラフト紙,上質紙,セロハンなどにポリエチレンをラミネート塗布した防湿・防水用紙)などの多くの加工紙が目的に応じて使用される。
→関連項目包装

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうようし【包装用紙 wrapping paper】

洋紙の品種分類の一つで,重袋(じゆうたい)用およびその他の両更(りようざら)クラフト紙さらしクラフト紙,純白ロール紙など,袋用,包装用に用いる紙の総称。日本では1974年に130万tも生産されていたが,包装用紙の生産量の40%を占めていた肥料,セメント,米などの包装に使用された重袋用両更クラフト紙の生産が減少したり,スーパーマーケット紙袋がポリマーフィルムに置き換わってきたので,82年には96万tに減少した(1995年は109万t)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の包装用紙の言及

【紙】より

…軽量コート紙はさらに塗布量が5g/m2前後と少なく,塗工紙の中でもっとも低品質の紙である。
[包装用紙]
 印刷用紙が印刷を目的として表面平滑性を重視するのに対し,包装用紙は強度に重点を置き,包装に使う紙の総称である。重袋(じゆうたい)用両更(りようざら)クラフト紙はセメントや飼料,農産物などの重量物の包装袋に用いる紙で,未さらしクラフトパルプを原料としたじょうぶな紙である。…

※「包装用紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

包装用紙の関連キーワードクラウン・ゼラバッククラフトパルプ中越パルプ工業伊藤忠紙パルプニッカン工業ハトロン紙化学パルプ丸住製紙模造紙薄葉紙洋紙和紙銀紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包装用紙の関連情報