コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学熱傷 かがくねっしょう Chemical Burn

1件 の用語解説(化学熱傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かがくねっしょう【化学熱傷 Chemical Burn】

[どんな病気か]
 やけどの原因は火や熱湯ばかりではありません。特殊な原料や薬品を扱う工場などでは化学熱傷化学薬品によるやけど)がみられます。これらのやけどは、職業性のもので、酸とアルカリによるものが多くみられます。
■酸による化学熱傷
 硫酸(りゅうさん)、硝酸(しょうさん)、塩酸、フッ化水素酸フェノールがおもな原因物質です。これらをからだに浴びると、細胞が脱水や、たんぱく凝固をおこします。とくにフッ化水素は激しい反応をおこし、深部組織まで融解してしまい、激痛をともないます。
 治療は、まず速やかに大量の流水で洗い流し、つぎに重曹水(じゅうそうすい)で洗います。その後の治療は熱傷と同様です。
■アルカリによる化学熱傷
 苛性(かせい)ソーダ苛性カリ生石灰(せいせっかい)によるものが多くみられます。からだに浴びると脂肪の酸化、細胞からの吸水、たんぱくの溶解をおこします。痛みは酸より強いものです。
 治療は、まず流水で洗い流し、つぎに5%塩化アンモニウム液で洗った後、水洗いします。その後の治療は熱傷と同様です。なお、生石灰の場合は水洗いすると熱を発生しますので、粉末を払い落としてから水洗いします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典内の化学熱傷の言及

【やけど】より

…高温の気体,液体,固体に触れることによって発生する皮膚障害。酸やアルカリなど化学薬品による皮膚の障害もやけどといわれるが,これは化学熱傷とよばれる。やけどの程度は,深さと広さによって決定される。…

※「化学熱傷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

化学熱傷の関連キーワード公所植皮低温火傷何心地不死身火焼け地蔵焼け跡焼け膨れ失明の原因実験病理学 (experimental pathology)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化学熱傷の関連情報