化粧療法(読み)けしょうりょうほう(英語表記)cosmetic therapy

知恵蔵の解説

化粧療法

化粧を用いた治療法で、一種の健康美容。化粧が心理学的な過程を介して心理・生理的な治療効果をもたらすことを期待して行われる。化粧療法に関する研究は、1980年代から盛んになった。大別すると、(1)スキンケアを中心としたリラクセーション効果の研究、(2)メーキャップを中心とした臨床的応用の研究、(3)フレグランスを中心としたアロマコロジーの研究など。化粧で高齢者がどのように変化するのか、医療機関で調査した結果、9割の人に表情が明るくなるなどの変化が見られ、化粧が「社会人」としての自覚を促したものと考えられる。またやけどやあざなどを自然にカバーする専用ファンデーションが開発されるなど、容貌の問題を克服するセラピーメーキャップ、カムフラージュメーク、メディカルメークなどへの注目度も高い。

(三浦志郎 資生堂ビューティーソリューション開発センター所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

化粧療法【けしょうりょうほう】

身体障害者および高齢者に対して行われる精神療法の一つ。もともとは老人性認知症(痴呆)の女性を対象に行われていたもの。化粧をすることで,いつもきれいでいたい,より美しくなりたいという意識に訴え,情動(喜び,悲しみ,怒り,恐れなど,急速に引き起こされる一時的な感情の動き)を活性化させ,認知症の症状を改善させることを意図していた。現在では福祉施設や老人ホームなどに幅広く導入され,表情が明るくなった,おむつが取れたなど,患者たちの若返りに効果をあげている。また,女性だけでなく,周りの男性患者がしっかりするという効果もあるという。 化粧品メーカーの資生堂が全国の福祉施設で〈お化粧教室〉を開催するなど積極的に実施しているほか,1998年5月には横浜市の特別養護老人ホーム〈さくら苑〉で〈キモノ・ファッションショー〉が開催され,話題となった。 まだ試みの段階で,実際にどの程度の効果があるかは不明といわれるが,鬱(うつ)病統合失調症精神分裂病),アルツハイマー病患者に対して化粧を施している同志社大学(感情心理学)の浜治世教授の報告によれば,ほとんどの人は化粧後に声の周波数が高く,声が明るくなったという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android