コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北国脇往還 ほっこくわきおうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北国脇往還
ほっこくわきおうかん

滋賀県北東部の北国街道中山道を連絡する脇街道。美濃 (岐阜県) の関ヶ原で中山道から分岐,伊吹山 (1377m) の南麓を通り,伊部,馬上 (まけ) を経て,木之本で北国街道に合流する。西国三十三観音霊場,美濃の谷汲山に通じることから谷汲道の名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の北国脇往還の言及

【北国路】より

…ふつう前者を北国街道という。また後者は北国脇往還と称し,加賀の前田家をはじめ北陸の大名が参勤交代に多く用いた。両者は木之本宿で合流し,栃ノ木峠を越えて越前国へ入り,以後加賀,越中,出羽の各国を経て陸奥国へと向かう。…

※「北国脇往還」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北国脇往還の関連キーワード木之本[町]信濃[町]坂城[町]牟礼[村]小諸[市]東御(市)上田[市]戸倉[町]東部[町]伊吹[町]豊野[町]北国路小谷城湖北

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android