コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北日本銀行 きたにっぽんぎんこう

2件 の用語解説(北日本銀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北日本銀行
きたにっぽんぎんこう

地方銀行。 1942年岩手興産無尽として設立。 51年相互銀行に転換し興産相互銀行に社名変更。 85年外国為替業務,86年公共債ディーリング業務を開始。 89年普通銀行への転換に伴い現社名に変更。地盤は岩手県。北関東から首都圏までエリア拡大を目指す。資金量1兆 896億 1600万円,資金構成は定期 69%,普通 19%,当座3%,通知2%,その他7%。経常収益 410億 8300万円 (連結) ,資本金 61億 4600万円,従業員数 1356名,店舗数県内 63,県外 23 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

北日本銀行

正式社名「株式会社北日本銀行」。英文社名「The Kita-Nippon Bank, Ltd.」。銀行業。昭和17年(1942)前身の「岩手興産無尽株式会社」設立。平成元年(1989)普通銀行に転換し現在の社名に変更。本店は盛岡市中央通。地方銀行。前社名は「株式会社北日本相互銀行」。岩手県中心に宮城・青森・東京などに店舗展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード8551。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

北日本銀行の関連キーワードアフリカ文学軍艦小事典シャピロマレー白石喜之助ヒルハウス後生相同時生相プロジェネティック相ハルツング岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北日本銀行の関連情報