コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匹見峡 ひきみきょう

4件 の用語解説(匹見峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

匹見峡
ひきみきょう

島根県西部,益田市にある峡谷。高津川の支流匹見川にある表匹見峡と,その支流広見川にある裏匹見峡からなる。冠山山地を刻んだV字状の峡谷で,キシツツジが群生する。裏匹見峡の夫婦ヶ淵付近ではクモランなどの群生もみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひきみ‐きょう〔‐ケフ〕【匹見峡】

島根県西部、益田市匹見町にある四つの峡谷の総称。高津(たかつ)川水系の匹見川上・中流、中国山地分水嶺北部に位置する。中流部の広瀬にある前匹見峡(全長約1キロメートル)を匹見峡の玄関口とし、上流部の表匹見峡(4キロメートル)・裏匹見峡(4キロメートル)、最上流部の奥匹見峡(2キロメートル)からなる。V字形の峡谷、断崖絶壁や変化に富んだ渓谷美とブナ・ナラなどの原生林で有名。奥匹見峡は秘境。西中国山地国定公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

匹見峡(ひきみきょう)

島根県益田市にある道の駅。国道191号に沿う。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

匹見峡
ひきみきょう

島根県の西部を北流する匹見川のV字峡谷。益田市匹見町にある。谷幅が広く小夜ヶ淵(さよがふち)を中心に岩壁の並列する表匹見峡、支流の広見川にあり、鈴ヶ岳(すずがだけ)の絶壁を中心とする裏匹見峡、匹見川最上流部、落差50メートルの大竜頭滝のある奥匹見峡、広瀬付近の前匹見峡からなる。ブナ、ナラの原生林に覆われ、シャクナゲの群落が多い。西中国山地国定公園に含まれる。JR山陰本線益田(ますだ)駅からバスの便がある。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

匹見峡の関連情報