コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匹見 ひきみ

2件 の用語解説(匹見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

匹見
ひきみ

島根県西部,益田市南東部の旧町域。高津川の支流匹見川上流域にある。 1955年匹見上村,匹見下村,道川村の3村が合体して匹見村となり,1956年町制。 2004年益田市に編入。大部分は山林で,山間部ではワサビを特産し阪神・広島方面へ出荷。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

匹見
ひきみ

島根県南西端、美濃(みの)郡にあった旧町名(匹見町(ちょう))。現在は益田(ますだ)市の南東部を占める地区。1955年(昭和30)匹見上(かみ)、匹見下(しも)、道川(みちかわ)の3村が合併して匹見村となり、1956年町制施行。2004年(平成16)美都(みと)町とともに益田市に編入。旧町域は、中国山地の脊梁(せきりょう)部に位置し、匹見川とその支流が流れ、南東部は広島県・山口県と接する。国道191号、488号が通じる。旧石器・縄文・弥生・古墳の各時代の遺跡や埋蔵文化財が多い。区域の96%は山林。雑木林が多く、パルプ用材のチップや木工加工品を生産する。渓流沿いは年平均気温が約14℃で、ワサビ栽培(生産量は全国有数)が盛ん。おもに京阪神と広島県へ出荷され、芽茎は静岡へ送られる。冬季は積雪が多く、昭和30年代に人口の半数以上の流出をみた。過疎対策がとられ造林業、森林の整備・管理の振興が図られている。東部一帯は西中国山地国定公園の一部で匹見峡がある。[野本晃史]
『矢富熊一郎著『石見匹見町誌』(1965・匹見町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

匹見の関連キーワード益田島根県益田市大草町島根県益田市乙吉町島根県益田市栄町島根県益田市高津島根県益田市高津町島根県益田市東町島根県益田市本町島根県益田市美都町宇津川島根県益田市元町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

匹見の関連情報