コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療ソーシャルワーカー イリョウソーシャルワーカー

デジタル大辞泉の解説

いりょう‐ソーシャルワーカー〔イレウ‐〕【医療ソーシャルワーカー】

medical social worker》医療を必要とする人がかかえる経済的、心理的、社会的問題や、社会復帰などについて援助・協力する専門家。医療社会事業家。MSW

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

医療ソーシャルワーカー
いりょうそーしゃるわーかー
medical social worker

病気からの回復や社会復帰を助けるため、患者や家族のあらゆる相談にのり、心理的、経済的、社会的問題の解決を図る医療分野の専門職。略称MSW。正式な資格はないが、多くは社会福祉士があたり、おもに病院で活躍している。
 ソーシャルワーカーの原型は、16、17世紀のイギリスの教会による貧民救済活動とされる。産業革命や都市化により慈善活動の必要性が高まり、アメリカでは19世紀末ごろからソーシャルワーカーになるための学校や専門職が登場し、医療の発達につれこの分野で重要性が増した。
 厚生労働省は2002年(平成14)、局長通達で「医療ソーシャルワーカー業務指針」を出した。これによると、療養中および退院の援助、経済的問題への援助、受入施設、社会復帰に至るまで広範な範囲での援助を規定している。医師や看護師の活動は医療内容に特化しており、そうした知識はほとんどなく、医療ソーシャルワーカーの存在は患者には頼もしい。チーム医療スタッフとして各専門職とも連携する。ただし、待遇は十分とはいえない。診療報酬では社会福祉士の業務分(介護支援、退院調整協力、癌(がん)患者リハビリテーション計画作成協力、栄養サポートなど)が加算請求できるようになり、日本病院機能評価機構は相談室の設置などで評価しているが、まだまだ賃金の面などでも報われているとはいえない。
 なお、社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」による国家資格で、大学や短期大学で一定の専門科目を履修し、国家試験に合格する必要がある。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

医療ソーシャルワーカーの関連キーワードmedical social workerメディカルソーシャルワーカー地域包括ケアシステムがん相談支援センターソーシャルワーカー無料低額診療事業チーム医療緩和ケアボウイー浅賀ふさPICU

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医療ソーシャルワーカーの関連情報