コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十人組 じゅうにんぐみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十人組
じゅうにんぐみ

江戸時代初期の隣保組織。のちの五人組の起源で,慶長~元和年間 (1596~1624) 頃,治安維持,逃散 (ちょうさん) 防止などのため,大名の家臣団や,都市,農村の住民の間に設けられた。その先駆的な例として慶長2 (1597) 年豊臣秀吉が諸大名に侍五人組,下人十人組をつくらせている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうにんぐみ【十人組】

戦国末期から江戸初期にかけて、近隣一〇戸をもって組織した自治組織。 → 五人組
江戸時代、大坂において、両替仲間の取り締まりにあたった一〇名の両替商人。十人両替。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の十人組の言及

【五人組】より

…この制度は律令国家の五保(ごほ)に淵源する。創置は1597年(慶長2)3月7日付け豊臣秀吉〈御掟〉で京都の治安対策上定められた五人組,十人組である。慶長期以降,大名領などに十人組が存在し,のち五人組に改組される事例がみられる。…

※「十人組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十人組の関連キーワード五人組(日本史)バン・デ・ベルデ安土桃山時代宮川助五郎クノップフ望月亀弥太トーロップタイジング安岡斧太郎番方・役方水野哲太郎八景園折芳中岡慎太郎アンソールデクリオ自治組織泰平年表江戸時代組み・組鈴木鄰松

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十人組の関連情報