コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十人両替 じゅうにんりょうがえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十人両替
じゅうにんりょうがえ

江戸幕府が大坂本両替仲間のうちから,仲間の取締りと同時に公金取扱い,米の買上げ御用金の調達などの公用をつとめさせるため選任した 10人の御用両替商。制度としては寛文2 (1662) 年に始るが,天王寺屋泉屋,鴻池屋ら 10人がそろったのは同 10年のことであった。欠員は補充されるたてまえであったが,江戸時代後期には必ずしも定員を維持してはいなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうにん‐りょうがえ〔ジフニンリヤウがへ〕【十人両替】

江戸時代、大坂で、両替屋仲間の統制や、幕府公金の出納、金銀相場の支配などにあたった10人の大両替屋。十人組

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうにんりょうがえ【十人両替】

江戸時代、大坂で公用を務めた両替商の代表格。天王寺屋・鴻池屋・平野屋など。ただし十人は定数ではない。幕府御用金調達に大きな役割を果たし、帯刀を許された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十人両替
じゅうにんりょうがえ

江戸時代、大坂の両替商(本両替、南両替、銭両替)を統制するため、本両替仲間の行司(ぎょうじ)から選任され、公用を勤めた代表的両替商。1662年(寛文2)幕府が初めて小判(こばん)の買入れを天王寺屋五兵衛(てんのうじやごへえ)ほか2名の両替屋に命じ、70年、鴻池(こうのいけ)、平野屋(ひらのや)などを加えてその数が10名となったことから呼称されるようになった。しかし、10名は定数ではなく、7名ないし5名に減少した時期もあった。大坂を中心とした手形取引の統制や金銭相場の監督・報告、本両替仲間の取締りを主業務としたが、幕府御用金調達には大きな役割を果たした。その選任は大坂町奉行(まちぶぎょう)が行い、報酬として帯刀が許され、家役が免ぜられた。[岩橋 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十人両替の言及

【手形】より

…銀手形は近世の大坂が江戸の金遣い(きんつかい)経済に対し銀遣い経済であり,そこでの大量の商取引には丁銀(ちようぎん),豆板銀(まめいたぎん)などの秤量(ひようりよう)銀貨が使われたが,その銀貨は秤量の煩雑,携帯・運送の不便,真贋鑑定の困難を伴い,かつ正貨決済にも不便なことから使われたのである。寛文期(1661‐73)に,大坂諸商業に対する正規の作成,問屋・十人両替の組織化が東町奉行石丸定次によって計られ,この十人両替にその後中小の両替屋が結び,近世の信用機構,信用制度が拡充されると,銀手形はよりいっそう流布した。江戸中期ころから,計量貨幣の金銀貨が通用したが,大坂では手形の使用が盛んで,大坂近在や隔地間の取引をはじめ,都市内の薪炭から米魚に至る節季の支払にまで用いられた。…

【天王寺屋五兵衛】より

…姓は大眉氏。初代光重(1623‐94)は大坂に盛行した手形の創始者と伝えられ,1670年(寛文10)同地に組織された十人両替に選任された。以後天王寺屋は幕末までほぼ一貫してその地位にあり,幕府の御用両替として公金の出納を取り扱うとともに,雲州松平家,讃州松平家などの蔵元,掛屋を務めるなど,金融業界きっての名門であったが,明治維新の経済変動により倒産した。…

【両替】より

…両替屋名称の公認はこの年のことである。大坂には幕府公金の出納・貸付けを担当した十人両替,本両替(仲間両替),銭売買のみを務めた銭両替(南両替,三郷銭屋仲間)がいた。3者の間には上下関係,取締り関係がある。…

※「十人両替」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十人両替の関連キーワード殿村平右衛門(初代)鴻池善右衛門(初代)平野屋五兵衛(初代)天王寺屋五兵衛広岡久右衛門鴻池善右衛門平野屋五兵衛石丸定次三組両替顔見世銀江戸幕府高木善助殿村茂済鴻池家岩橋帯刀

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android