コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十寸見蘭洲(初代) ますみ らんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十寸見蘭洲(初代) ますみ-らんしゅう

?-1731 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
江戸新吉原の娼家(しょうか)の主人蔓蔦屋庄次郎。江戸半太夫の弟子で,初代十寸見河東(かとう)と同門能書家として知られる。閑室蘭洲ともいう。享保(きょうほう)16年6月25日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

十寸見蘭洲(初代)

没年:享保16.6.25(1731.7.28)
生年:生年不詳
江戸中期,河東節の太夫。新吉原江戸町の娼家の主人で,名は蔓蔦屋庄次郎。閑室蘭洲とも名乗った。初代十寸見河東とは同じ江戸半太夫の門人で,河東が半太夫から独立する際に力を尽くしたといわれる。細井広沢に師事して能書のほまれ高く,初代河東の正本集『鳰鳥(仁本鳥)』(1719)や『夜半楽』(1725)は,蘭洲の書になる。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

十寸見蘭洲(初代)の関連キーワード佐藤晩得浄瑠璃玉菊没年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android