コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千本閻魔堂 せんぼんえんまどう

世界大百科事典 第2版の解説

せんぼんえんまどう【千本閻魔堂】

京都市上京区にある真言宗の寺。正しくは光明山引接(いんじよう)寺。寺伝では寛仁年中(1017‐21)定覚上人の開創。その後衰微したが,1273年(文永10)明善律師(如輪上人)が再興した。古来,本尊の丈六閻魔大王で名高く,洛中の町堂として貴賤の信仰を集めた。当寺の大念仏狂言と盂蘭盆会(うらぼんえ)の精霊迎えの行事は有名で,とくに前者は壬生(みぶ)寺,嵯峨釈迦堂(清凉寺)のそれと合わせて京都の三大念仏狂言に数えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

千本閻魔堂の関連キーワード千本念仏引接寺閻魔堂小野篁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千本閻魔堂の関連情報