コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千本閻魔堂 せんぼんえんまどう

1件 の用語解説(千本閻魔堂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんぼんえんまどう【千本閻魔堂】

京都市上京区にある真言宗の寺。正しくは光明山引接(いんじよう)寺。寺伝では寛仁年中(1017‐21)定覚上人の開創。その後衰微したが,1273年(文永10)明善律師(如輪上人)が再興した。古来,本尊の丈六の閻魔大王で名高く,洛中の町堂として貴賤の信仰を集めた。当寺の大念仏狂言盂蘭盆会(うらぼんえ)の精霊迎えの行事は有名で,とくに前者は壬生(みぶ)寺,嵯峨釈迦堂(清凉寺)のそれと合わせて京都の三大念仏狂言に数えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千本閻魔堂の関連キーワード大報恩寺不退寺六波羅蜜寺医王寺因幡薬師清閑寺清和院西新井大師景愛寺薬王寺

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千本閻魔堂の関連情報