コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千本閻魔堂 せんぼんえんまどう

1件 の用語解説(千本閻魔堂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんぼんえんまどう【千本閻魔堂】

京都市上京区にある真言宗の寺。正しくは光明山引接(いんじよう)寺。寺伝では寛仁年中(1017‐21)定覚上人の開創。その後衰微したが,1273年(文永10)明善律師(如輪上人)が再興した。古来,本尊の丈六の閻魔大王で名高く,洛中の町堂として貴賤の信仰を集めた。当寺の大念仏狂言盂蘭盆会(うらぼんえ)の精霊迎えの行事は有名で,とくに前者は壬生(みぶ)寺,嵯峨釈迦堂(清凉寺)のそれと合わせて京都の三大念仏狂言に数えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千本閻魔堂の関連情報