尊属(読み)そんぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「尊属」の解説

尊属
そんぞく

卑属に対するもので,自分の父母以前の世代の直系,傍系親族の者。自分と同世代の,配偶者,兄弟姉妹,いとこなどは尊属でも卑属でもない。民法上,尊属であることに基づいて効果が生じる場合のほとんどは,直系尊属に限られ (たとえば相続順位,遺留分,養親子関係者間の婚姻禁止) ,傍系尊属にも効果が及ぶのは,養子縁組禁止の規定 (793条) のみについてである。 (→尊属殺 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「尊属」の解説

そん‐ぞく【尊属】

〘名〙 父母と同列以上にある血族。親等上、自分より上位の血族。父母・祖父母などの直系尊属と、おじおばなどの傍系尊属に分ける。尊属親。⇔卑属
※令義解(718)戸「凡棄妻。須七出之状。〈略〉皆夫手書棄之。与尊属近親同署」
※民法(1947)七九三条「尊属又は年長者は、これを養子とすることができない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「尊属」の解説

尊属【そんぞく】

ある人を基準として,血縁関係においてその者に先行する世代にある者。卑属に対する。父母・祖父母のような直系尊属と伯叔父母・大伯叔父母のような傍系尊属とがある。前者は相続などにつき特別の扱いを受けるが,刑法の尊属殺に関する刑の加重規定は1995年改正で廃止された。
→関連項目親族直系尊属傍系尊属

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android