コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

協議約款 きょうぎやっかん

2件 の用語解説(協議約款の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きょうぎやっかん【協議約款】

労働協約で、人事などについて労使があらかじめ協議する必要があることを定めた条項。同意約款よりも使用者への規制力が弱い。 → 同意約款

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうぎやっかん【協議約款】

使用者が一定の事項につき自己の権利・権限に基づく一定の措置を行う場合に,あらかじめ労働組合との協議を経るべきことを定めた労働協約上の約定。協議条項ともいう。従業員の採用,異動,解雇にかかわる〈人事協議約款〉が最も多くみられ,経営方針,企業の分合,事業の縮小,工場閉鎖などに伴う措置に関する協議約款も従来より多数存在する。第2次大戦後労働組合運動が経営の民主化を追究したことによって,労働協約上具体化された方式で,従来使用者が一方的に保有していた権利・権限(経営権と俗称された)につき,労働組合の一定の関与・拘束を加えようとするもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

協議約款の関連キーワード規則制定権経営権類推解釈声明書閣議決定原則法証言拒絶権使用者特別規定オプション(Option)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone