コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南信濃 みなみしなの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南信濃
みなみしなの

長野県南部,飯田市南東部の旧村域。赤石山脈の南西端にあり,静岡県に接する。1955年和田村,南和田村,八重河内村が合体し遠山村となり,1960年木沢村と合体して南信濃村が成立。2005年飯田市に編入。伊那山地赤石山脈の間を流れる天竜川の支流遠山川沿いに集落がある。明治期までは秋葉街道(国道152号線)の往来でにぎわっていたが,伊那電気鉄道JR飯田線)開通後,主要幹線としての役割は後者に移った。大部分が山林原野でコンニャク,チャ(茶)などを栽培する。12月に行なわれる国指定重要無形民俗文化財の遠山の霜月祭は古い霜月神楽の形式を残すことで名高い。一部は南アルプス国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南信濃
みなみしなの

長野県南東端、下伊那(しもいな)郡にあった旧村名(南信濃村(むら))。現在は飯田(いいだ)市の南東部を占める。旧南信濃村は1955年(昭和30)和田、南和田、八重河内(やえごうち)の3村が合併して遠山村となり、1960年木沢(きざわ)村と合併して南信濃村となる。2005年(平成17)飯田市に編入。東側の赤石山脈と西側の伊那山地に挟まれた狭長な赤石構造谷に沿う山村で、畑地は急傾斜地にあり、農家1戸当りの耕地面積は約30アールにすぎない。林業のほか、茶、シイタケ、麦、ソバ、コンニャク栽培を行う。旧村域内を国道152号、418号が通じる。そのうち静岡県へ通じる国道152号(秋葉(あきは)街道)は、県境の青崩(あおくずれ)峠で土砂崩壊が多く自動車通行不能で、幻の国道といわれ、1994年(平成6)その東に三遠南信(さんえんなんしん)自動車道(国道474号)の草木(くさき)トンネル部分が完成した。交通はJR飯田(いいだ)線平岡駅(天竜村)からのバス便に依存する。12月から1月初めにかけて行われる「遠山の霜月祭の芸能」は国指定重要無形民俗文化財。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南信濃の関連情報