コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南信濃 みなみしなの

2件 の用語解説(南信濃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南信濃
みなみしなの

長野県南部,飯田市南東部の旧村域。赤石山脈の南西端にあり,静岡県に接する。1955年和田村,南和田村,八重河内村が合体し遠山村となり,1960年木沢村と合体して南信濃村が成立。2005年飯田市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南信濃
みなみしなの

長野県南東端、下伊那(しもいな)郡にあった旧村名(南信濃村(むら))。現在は飯田(いいだ)市の南東部を占める。旧南信濃村は1955年(昭和30)和田、南和田、八重河内(やえごうち)の3村が合併して遠山村となり、1960年木沢(きざわ)村と合併して南信濃村となる。2005年(平成17)飯田市に編入。東側の赤石山脈と西側の伊那山地に挟まれた狭長な赤石構造谷に沿う山村で、畑地は急傾斜地にあり、農家1戸当りの耕地面積は約30アールにすぎない。林業のほか、茶、シイタケ、麦、ソバ、コンニャク栽培を行う。旧村域内を国道152号、418号が通じる。そのうち静岡県へ通じる国道152号(秋葉(あきは)街道)は、県境の青崩(あおくずれ)峠で土砂崩壊が多く自動車通行不能で、幻の国道といわれ、1994年(平成6)その東に三遠南信(さんえんなんしん)自動車道(国道474号)の草木(くさき)トンネル部分が完成した。交通はJR飯田(いいだ)線平岡駅(天竜村)からのバス便に依存する。12月から1月初めにかけて行われる「遠山の霜月祭の芸能」は国指定重要無形民俗文化財。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南信濃の関連キーワード長野県飯田市飯田上長野県飯田市追手町長野県飯田市上飯田長野県飯田市川路長野県飯田市嶋長野県飯田市龍江長野県飯田市千代長野県飯田市南信濃木沢長野県飯田市南信濃和田長野県飯田市南常盤町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南信濃の関連情報