霜月祭(読み)しもつきまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霜月祭
しもつきまつり

旧暦 11月(霜月)に行なわれる祭り。太陽の力が衰える冬至節にあたって行なわれ,生命力の再生を主眼とする。典型的なものに,各地で行なわれる霜月神楽がある。その分布は広く,秋田県の波宇志別神社(はうしわけじんじゃ)の「保呂羽山(ほろわさん)の霜月神楽」をはじめ,中国地方四国地方九州地方でもこの時期に多く行なわれている。そのなかでも旧国名から三信遠地域と呼ばれる愛知県長野県静岡県の県境付近一帯には,遠山の霜月祭や奥三河の花祭など,特に多くの霜月神楽が行なわれている。長野県天龍村向方(むかがた)などのように,世のなかに大きな出来事があったときなどに大規模なお清(潔)めりを行なったり,病弱な子供や生死の境をさまよった者が「神子」または「生まれっ子」として生まれ清まる儀式を行なう例もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しもつきまつり【霜月祭】

旧暦11月に行われる祭りの総称。稲の収穫祭で,民間の新嘗祭といえるが,祭りが実際の収穫期より1ヵ月ほど遅いのはこの間物忌(ものいみ)に服するためと説明されている。北九州の丑の日祭,奥能登のアエノコト,天草や長島の山祭,中国地方の先祖講,ダイジョウ講のほか,各地の氏神祭や大師講などが代表的なものといえる。また三遠信の国境地帯の遠山祭,冬祭,花祭や秋田県保呂羽(ほろは)山の霜月神楽のように神楽形式の祭りを行う場合も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜月祭
しもつきまつり

旧暦11月に行われる祭り。宮廷では新嘗祭(にいなめさい)があり、また各地の神社では霜月神楽(かぐら)が行われる。農家ではイネの収穫祭にあたる。期日は地方によって一定しないが、北九州では霜月の初丑(はつうし)の日を「丑の日どん」といって、イネの束を臼(うす)の上にのせて田の神とし、供物をあげて家々で祭る。中国地方の日本海側から近畿、関東、東北の広い地域では、23日か24日が霜月祭で、大師とよばれる尊い旅人が村々を訪れる日だという。大師様は片足が悪く、吹雪(ふぶき)の日に雪に大小の足跡を残すとか、この日につくる小豆粥(あずきがゆ)を大師粥とか霜月粥とかいい、長い箸(はし)を添えるなどの伝承が広く分布している。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android