コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊那山地 いなさんち

5件 の用語解説(伊那山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊那山地
いなさんち

長野県南部,伊那盆地の東側に南北に細長く延びる山地。赤石山脈の前山をなす。標高 1600m前後の中山性山地で,最高峰鬼面山 (1889m) 。南北約 100km,東西約 10km。赤石山脈との間は中央構造線が通り,天竜川の支流三峰 (みぶ) 川,小渋川,遠山川が流れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いな‐さんち【伊那山地】

長野県南東部にある山地。赤石山脈天竜川の間を南北に約100キロメートルにわたって続く。標高は1300~1900メートルで、最高峰は鬼面(きめん)山(標高1889メートル)。山地の東側を中央構造線が走り、西南日本内帯に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いなさんち【伊那山地】

長野県から静岡県にまたがる山地で,伊那盆地から見て赤石山脈の前山をなす。地形的には標高1500~2000mの山並みが連なる地塁である。地質的には片麻岩など崩壊しやすい岩石からなっているため,山崩れが多い。赤石山脈との間には,ほぼ南北に中央構造線が走り,日本列島を外帯と内帯に分かつ重要な地質構造線となっている。この構造線に沿って,深い谷が刻まれているが,これを赤石裂線(構造谷)と呼んでいる。この南北に走る谷に沿って,杖突峠,分杭(ぶんぐい)峠,地蔵峠青崩峠を結ぶ道は,武田信玄が軍事的に利用した道でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕伊那山地(いなさんち)


長野県南部、赤石(あかいし)山脈西側に並走し、その前山をなす地塁山地。南北約60km、東西約10km。最高峰は鬼面(きめん)山(標高1889m)。東は中央構造線がつくる急峻な赤石構造谷、西は伊那盆地に緩やかに傾斜する。斜面ではコンニャク・茶を産する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊那山地
いなさんち

長野県南部、天竜川の東側を南北に走る山地。最高峰は標高1890メートルの鬼面(きめん)山で、全体に1600メートル前後の山嶺(さんれい)が続く中山性山地。北は諏訪(すわ)湖岸の岡谷市南方から、南は天竜川の支流で静岡県に近い遠山(とおやま)川まで南北およそ100キロメートル、東西10キロメートルほどの狭長な山地である。この山地の東側は南北方向に天竜川の支流の三峰(みぶ)、小渋(こしぶ)、遠山の3川が流れて一直線の谷をなし、地質学上の西南日本中央構造線が走り、赤石山脈を隔てている。このため、伊那山地は赤石山脈の前山的存在をなし、東側の構造谷に向かって急斜面で落ち込み、この谷沿いの村々と、天竜川沿いの市町村との交通を分断している。西側の天竜川に向かっては緩傾斜をなす。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊那山地の関連キーワード伊那盆地天竜峡伊那辰野長野県伊那市伊那長野県上伊那郡辰野町伊那富長野県伊那市伊那部長野県伊那市西町長野県伊那市西箕輪長野県下伊那郡根羽村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊那山地の関連情報