コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南外 なんがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南外
なんがい

秋田県中南部,大仙市南西部の旧村域。横手盆地西部にある。東部は楢岡川流域で占められる。 1955年南楢岡村と外小友 (そとおとも) 村が合体して南外村が成立。 2005年大曲市,神岡町,西仙北町,中仙町,協和町,仙北町,太田町と合体して大仙市となった。農業を主とし,南楢岡は楢岡焼の産地として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南外
なんがい

秋田県中央部、仙北郡にあった旧村名(南外村(むら))。現在は大仙(だいせん)市の南西部を占める地域。出羽(でわ)山地に位置する。旧南外村は、1955年(昭和30)南楢岡(みなみならおか)、外小友(そとおとも)の2村が合併して成立。2005年(平成17)大曲市および神岡、西仙北、中仙、協和、仙北、太田(おおた)の6町と合併して、大仙市となった。国道105号が通じる。地域の大部分は山林原野であるが、中央を北流して雄物(おもの)川に注ぐ楢岡川沿いなどに水田がある。米作中心の農業に果樹・野菜栽培、畜産が加わる。楢岡焼、又五郎こけしがある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

南外の関連キーワードサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂協和(秋田県)太田(秋田県)大矢野原演習場神岡(秋田県)秋田県大仙市伊藤 恭之介大仙(市)函館八幡宮大仙[市]橋本 増吉中仙[町]太田[町]山都(町)仙北[町]粟原寺跡橋本増吉呂祖謙蘇陽峡七戸城

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南外の関連情報