コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横手盆地 よこてぼんち

7件 の用語解説(横手盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横手盆地
よこてぼんち

秋田県南東部,雄物川の上・中流域を占める断層盆地。南北約 60km,東西約 15km。東部は真昼岳断層崖によって奥羽山脈に,西部はほぼ一直線の山麓線によって出羽山地に接する。雄物川が上流から皆瀬川を合わせ,盆地の西側を北流し,さらに大仙市で玉川を合わせて出羽山地を横断して西流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よこて‐ぼんち【横手盆地】

秋田県南東部にある盆地。雄物川の上・中流域に広がり、南北60キロメートル、東西の最大幅は15キロメートル。米作地帯で果樹栽培も盛ん。横手市がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

横手盆地【よこてぼんち】

秋田県南東部,雄物川中流の南北約60kmの断層盆地。周辺の断層付近には各河川の扇状地が発達。盆地内は水利がよく豊かな水田地帯をなし,東縁山麓にはリンゴブドウなどの果樹地帯が広がる。
→関連項目秋田[県]羽後[町]太田[町]大森[町]雄物川[町]神岡[町]十文字[町]中仙[町]平鹿[町]増田[町]六郷[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よこてぼんち【横手盆地】

秋田県南東部にある奥羽山脈と出羽山地間の地溝盆地。西奥羽の盆地では最も大きく,南北約60km,東西最大15km。雄物川が北流し,南部で皆瀬川,中部で横手川(旭川)を合わせ,大曲市で北部を南流する玉川と合流,向きを西にかえて出羽山地を横断する。基盤は第三系の泥岩,凝灰岩緑色凝灰岩などであるが,表層は砂礫,粘土で,堆積物の厚さは200m未満である。盆地床は細粒グライ土壌が主で,北東部の扇状地帯は淡色黒ボク土壌に覆われ,南部の十文字町から大雄村にかけては泥炭層が分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よこてぼんち【横手盆地】

秋田県南東部、奥羽山脈と出羽山地間の盆地。盆地西部を雄物川が北流し、大仙市・横手市・湯沢市がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕横手盆地(よこてぼんち)


秋田県南東部、奥羽(おうう)山脈と出羽(でわ)山地に挟まれた断層盆地。南北約50km、東西の最大幅約15km。大仙(だいせん)市・横手市・湯沢(ゆざわ)市がある。東縁の真昼(まひる)岳断層崖(だんそうがい)下に複合扇状地が発達。雄物(おもの)川が西寄りに流れ、広い沖積(ちゅうせき)地を形成する。盆地床は標高約30~100m。秋田県内随一の産米量を誇る水田地帯。東麓(とうろく)や扇状地ではリンゴ・ブドウの栽培が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横手盆地
よこてぼんち

秋田県南東部にある西奥羽盆地列最大の盆地。南北60キロメートル、東西の最大幅15キロメートル。盆地の東縁は真昼(まひる)岳断層崖(がい)によって奥羽山脈と接し、西縁は出羽(でわ)山地によって限られる。盆地の西縁を雄物(おもの)川が北流し、旭(あさひ)川、鞠子(まるこ)(丸子)川、玉川などをあわせ、盆地の北西端で出羽山地を横断して秋田平野に流れる。盆地の標高は南部で100メートル、北西端で20メートルである。盆地床は東部断層崖下の複合扇状地と西部の沖積地とからなり、横手市以北には10個の複合扇状地が並び、扇頂から扇央までは急傾斜をなすが、扇端では緩傾斜となって沖積地に移行する。代表的な鞠子川扇状地では真昼岳断層崖下に同心円状の等高線がみられ、等高線の45メートルの地点に沿って湧泉(ゆうせん)列がある。この湧泉列によって扇頂、扇側、扇端は水田化した。扇央の乏水地域は畑地、草地で、リンゴ、ブドウなどを栽培するが、田沢疎水の延長に伴い水田化されている。盆地南部は成瀬川、皆瀬(みなせ)川が合流して大扇状地をつくり、用水路の開削によって水田化されている。さらに南部の狭長な地溝帯は果樹園に利用されている。盆地北部を大仙(だいせん)市、中央を横手市、南部を湯沢市が占め、それぞれ商圏をもっている。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の横手盆地の言及

【秋田[県]】より

… 秋田県は奥羽山脈,白神山地,丁岳(ひのとだけ)山地と鳥海山などによって三方を囲まれており,これらの山地は豊かな森林,地下資源を提供してきた。またその山地から流出する雄物川,米代川,子吉川は,流域にそれぞれ肥沃な横手盆地と秋田平野,花輪・大館・鷹巣各盆地と能代平野,本荘平野などを形成し,ここに経営耕地面積全国7位(1996)の農業地域がひろがる。一方,後述のように地の利にとぼしく,中でも首都圏と隔たっていることは,他産業とくに第2次産業を著しく不振たらしめ,人口支持力も弱く,年々数万人の出稼者を送り出してきた。…

※「横手盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

横手盆地の関連キーワード鷹巣盆地花輪線花輪盆地真昼山地諭鶴羽山地奥羽奥清水太陽の花山形[市]秋田県雄勝郡東成瀬村

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

横手盆地の関連情報