コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中仙 なかせん

2件 の用語解説(中仙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中仙
なかせん

秋田県中南部,大仙市北東部の旧町域。横手盆地北部にある。 1955年長野町と清水村,豊川村,豊岡村の3村が合体して中仙町が発足。 2005年大曲市,神岡町,西仙北町,協和町,南外村,仙北町,太田町と合体して大仙市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中仙
なかせん

秋田県中東部、仙北郡にあった旧町名(中仙町(まち))。現在は大仙(だいせん)市の中東部を占める地域。旧中仙町は、1955年(昭和30)長野町と清水(しみず)、豊岡(とよおか)、豊川の3村が合併して成立。2005年(平成17)大曲(おおまがり)市と神岡、西仙北、協和、仙北、太田の5町および南外(なんがい)村と合併して大仙市となった。JR田沢湖線、国道105号が通じる。中心の長野は雄物(おもの)川水系の玉川東岸にあり、秋田藩政時代には雄物川舟運の陸揚げ場であった。秋田城下から運ばれる塩、綿、薬、海産物は長野で陸揚げされ、角館(かくのだて)へは小舟に積み換えて運ばれた。地域の約42%が耕地で、米作をはじめ、リンゴ栽培、養豚、肉牛飼育などが行われる。特産品として杜仲(とちゅう)葉茶がある。八乙女公園は桜の名所として有名である。豊川観音堂にある水(すい)神社には国宝の青銅古鏡「線刻千手観音(せんじゅかんのん)等鏡像」がある。[宮崎禮次郎]
『『中仙町政史 明治~昭和編』全7巻(1960~1965・中仙町) ▽『中仙町史』3冊(1983~2006・中仙町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中仙の関連情報