コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西仙北 にしせんぼく

2件 の用語解説(西仙北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西仙北
にしせんぼく

秋田県中南部,大仙市中西部の旧町域。雄物川中流域にある。 1955年刈和野町と土川村,大沢郷村,強首 (こわくび) 村の3村が合体して西仙北町が発足。 2005年大曲市,神岡町,中仙町,協和町,南外村,仙北町,太田町と合体して大仙市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西仙北
にしせんぼく

秋田県のほぼ中央、仙北郡にあった旧町名(西仙北町(まち))。現在は大仙(だいせん)市の中西部を占める地域。旧西仙北町は、1955年(昭和30)刈和野(かりわの)町と土川(つちかわ)、強首(こわくび)、大沢郷(おおさわごう)の3村が合併して成立。2005年(平成17)大曲(おおまがり)市、神岡、中仙、協和、仙北、太田(おおた)の5町および南外(なんがい)村と合併して大仙市となった。JR奥羽本線、国道13号(羽州街道)が通じ、秋田自動車道西仙北スマートインターチェンジが設置されている。雄物(おもの)川が蛇行しながら北流し、小平野を形成する。かつては洪水の常襲地であった。中心の刈和野は江戸時代から雄物川舟運の物資の集散地として栄えた。また羽州街道の宿駅で本陣跡がある。地域の約90%が林野で、林業依存度が高い。米作中心の農業に畜産を加え、強首地区には県のパイロット事業の野菜団地がある。西部の乙越(おとごえ)沼付近には強首温泉がある。旧暦1月15日の「刈和野の大綱引き」は地域の住民を二分して行われる。年占(としうらな)いの要素をもつ行事で国の重要無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『西仙北町郷土誌――近代篇』(1976・西仙北町) ▽『西仙北町史』(1995・西仙北町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西仙北の関連キーワード秋田県大仙市板見内秋田県大仙市内小友秋田県大仙市大曲秋田県大仙市清水秋田県大仙市高梨秋田県大仙市豊川秋田県大仙市花館秋田県大仙市福田秋田県大仙市払田秋田県大仙市横堀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西仙北の関連情報