南那須(読み)みなみなす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南那須
みなみなす

栃木県東部,那須烏山市西部の旧町域。那珂川の支流荒川流域にある。 1954年下江川村,荒川村の2村が合体して南那須村となり,1971年町制。 2005年烏山町と合体して那須烏山市となった。大部分は丘陵地で,中心地区の大金 (おおがね) は河岸段丘上にあり,おもに米作と畜産が行なわれる。自然に恵まれ,栃木県議会開設 100周年を記念して造成された八溝県民休養公園や,少年自然の家がある。近年は公営の温泉施設も整備され,観光業が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南那須
みなみなす

栃木県北東部、那須郡にあった旧町名(南那須町(まち))。現在は那須烏山(なすからすやま)市の西部を占める地域。旧南那須町は1971年(昭和46)町制施行。2005年(平成17)那須郡烏山(からすやま)町と合併して市制施行、那須烏山市となった。JR烏山線と国道293号が通じる。旧町域の中心は荒川西岸の段丘上に位置する烏山街道沿いの街村大金(おおがね)で、烏山線の大金駅も置かれている。中心産業は農業で、水稲、肉用牛の肥育や養豚の組合せで経営する農家が多い。工業の発展は遅れていたが、富士見台工業団地を核として工農の発展が計られている。自然林と荒川の清流を生かした自然休養林や、八溝(やみぞ)県民休養公園などがある。三箇(さんが)地区の松原(しょうげん)寺で行われる塙(はなわ)の天祭は国選択民俗文化財。[櫻井明久]
『『南那須町史』全2巻(1993、2000・南那須町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南那須の関連情報