コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博多小女郎(こじょろう)

デジタル大辞泉プラスの解説

博多小女郎(こじょろう)

福岡県、光酒造株式会社が製造・販売する米、麦焼酎などの銘柄

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

博多小女郎 はかた-こじょろう

近松門左衛門作の浄瑠璃(じょうるり)「博多小女郎波枕」の登場人物。
博多柳町奥田屋の遊女で,京都の商人小町屋惣七に身請けされて夫婦になる。惣七は毛剃九右衛門(けぞり-くえもん)を首領とする密貿易団にくわわっており,夫婦は都をのがれる。惣七は道行きの途中で追手に捕らえられて自害し,小女郎はひとりかなしむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はかたこじょろう【博多小女郎】

福岡の麦焼酎。酒名は、近松門左衛門の浄瑠璃「博多小女郎浪枕」にちなみ命名。原料は大麦、大麦麹。アルコール度数25%、35%。蔵元の「光酒造」は昭和34年(1959)創業。清酒西乃蔵」の醸造元。所在地は糟屋郡粕屋町大字長者原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

博多小女郎(こじょろう)の関連キーワード中中でもない世並み・世並間に合ひ言葉だんぼらぼ出立ち映え放り出す手前普請そがいにランケン肩背苦し衣装付き外方滅法物言ひ伽大夫狂ひこなん長者経気の薬髪月代転び寝我御料

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android