印南町(読み)いなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印南〔町〕
いなみ

和歌山県西部,太平洋にのぞむ町。 1900年町制。 56年稲原村と,57年切目川村,安住村と合体。印南川,切目川の流域を占め,東半部は山地。太平洋にのぞむ南西側には海岸段丘が発達,サヤエンドウ,花卉などが栽培されている。かつては近海でカツオの一本釣りが行われ,かつお節の産地として知られた。中心集落の印南は小さな港町で,旧熊野街道 (現国道 42号線) に沿い,切目王子社などがある。 JR紀勢本線,国道 425号線が通じる。面積 113.62km2。人口 8068(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

印南町の関連情報